Menu
…ちょっとエラソーなタイトルでゴメンナサイ。


実はとあるブログのとあるコメントが引っかかってまして。
自分の考えをまとめるためにちょっと記事にしてみようと思いました。

どんな内容だったか、簡単に言うと、

自分の犬はペットじゃなくて家族。しつけもちゃんとやってるし、私の指示にバッチリ従う。だから、吠えたり噛んだりする犬と一緒にしないでほしい。【犬】っていうだけで嫌がらないで。

みたいな感じでした。



これって違うよなぁ… と思った私。



世の中には、私たち犬飼いのように犬が大好きなひともいますが、大嫌いな人だっています。アレルギーなんかで体質的に無理な人もいるし、イヤな経験をしたことがトラウマになっている人もいるし、なぜだかわからないけどダメ、って人だっています。どう考えても、犬を飼っている側の配慮が必要なんです。

で、ダメな人にしてみたら、ドーベルマンでもチワワでも体の大きさなんて関係なくて、【犬】というだけで、あるいは【(人間ではない)動物】っていうだけで受け入れられない場合だってあると思います。そこに、しつけができているかどうか、大人しいかどうかなんて当然関係ない、それ以前の問題。

たぶん、犬が苦手な人は、リードにつながれていてもダメだと思います。
実際、お散歩中にリードのついたそらを見て固まってしまっているひとに会ったことがあります。滅多にないですが。でもその人は、その場で動けなくなっているようでした。その時は大きく迂回してすれ違いましたが、実はね、私も動けなくなるくらい苦手なものがあるんです。。こんなのに遭遇するとその場で体が動きません。それと一緒です、きっと。

これは犬に限らずどんなことにでも当てはまると思うんですが、自分とは違う立場の人のことを思いやることってフツーに大切だと思うんですよ。何も特別なことじゃなくて。自分の周りには犬好きしかいない、なんていう世の中はないわけで、かならず犬が苦手な人は身近にいるんです。ただ知り合いじゃないだけでね。

だから、基本的にリードにつないでお散歩するし(法律で決められていますから)、むやみに人に近づけないようにするし、ちゃんとしつけもする。でも、犬って機械じゃないから、何かの拍子に予想できない行動に出る可能性は十分にあるので(機械も壊れるもんね)、100%信頼しちゃいけないと思うんです。人間だってキレたら何をやるかわからないのに、犬が大丈夫なんて言い切れないです。だから、私はそらに対してもそういう意味での信頼はしていません。

しつけも発展途上ですからなおのこと、ですけど。。。


最近は、犬を連れていろんなところへ出かけられるようになったので、犬連れの人たちのモラルについて問題になることが増えてきました。犬嫌いの人達にしてみたらたまらない世の中だろうなぁと思います。電車にもバスにも乗ってますからね…
でも、犬を飼っている側のちょっとした心遣いがあれば、受け入れてもらえる可能性はもっと広がるんじゃないかなーと思います。そして、吠えたり噛んだりしない、よく社会化された犬が増えれば、犬に対する考え方も少しずつ変わってくるだろうし。

そのブログの管理者さんが、今の子供達に犬という動物をよく知ってもらって、50年後くらいには状況が変わっていることに期待、というようなコメントレスをされてました。そう、まずはチビッコ達に犬とのよい経験をたくさん積んでもらって、犬を好きになる土台を持っておいてもらうことが必要なんですよね、きっと。

時間はかかるかもしれないけれど、人と犬とが一緒にいられるのが自然な光景となる日がくることを願いつつ、今は、これ以上犬が苦手な人が増えないように、犬が苦手な人に配慮する気持ちを忘れないようにいたいと思います。



あー、すみません、読みにくい内容で。
なんだか書きながらまとまらなくなった感じがしてます。

そんな記事に最後までお付き合いいただきありがとうございました。
関連記事

Comment

人それぞれ

しつけできてるからどうという問題ではなくて、
犬そのものが苦手な人に
「ちゃんと気をつけてるから分かって欲しい」ってのは、犬飼いとして心情的にはとても分かりますが、
「嫌がらないで」ってのはちょい押し付けかも。
嫌いか好きかは個人の判断だ~。
わたしなら~、赤でもピンクでも殺菌してても、百歩譲ってしつけができてても、ゴキはいやでっす(笑)。
ピーマン食べない人には食べない権利があるのですよね。
八百屋で出会ったら見ないようにスルーで、「おいしいから食べてみなよ!」ってピーマン好きに強要されるのは苦痛なはず。
相手の立場に立てってことですよね~。

犬の飼い方が変わったのってせいぜいここ十年ちょっとな気がします。
それまでは昭和の飼い方(庭でつなぐ外犬)が大半だったような…。
今のちびっこが大人になった頃に、犬の一般的な飼い方イメージと社会への受け入れられ方がよくなってるといいなあ~と思います☆

  • マロのぬし #- - URL
  • 2009/05/30 (Sat) 22:14
マロのぬしさんへ

そう、わかって欲しいなぁという気持ちは私も持ってます。苦手な人でもそらなら平気、って言ってもらえたらいいなーとか(笑)。でも、それぞれの人の好き嫌いを他人、とくに反対の立場の人間がどうこう言うのはやっぱりねぇ…。
結局、このときのコメントのやり取りは平行線で終了していたので、「嫌いな人への配慮もしようよ」っていう他の人の呼びかけはその人には届いていない感じでした。

> わたしなら~、赤でもピンクでも殺菌してても、百歩譲ってしつけができてても、ゴキはいやでっす(笑)。

私もヤダーーーー!!!
マテ!って言ってその場で待たれても困るかも~(笑)。
即刻「殺虫剤の刑」です。>_<

そうですよね、ちょっと前までは庭でつなぐのが普通って感じで。実家の犬も庭につないで飼ってました。それを思えば、ずいぶん変わったかも…表面的な変化に中身も早く追いついてほしいで~す。

  • そらママ #- - URL
  • 2009/05/30 (Sat) 23:46
めいは、ガウラーだから

かえって、よかったと思っています。
小さい頃のめいのまま、誰にでも、どの犬にも友好的なままだったら、
「うちの犬に限って」って言い切っちゃう「馬鹿い主」だったかも…

良く行く公園で、完璧にしつけられたダックス君がいるんです。
ドッグショーでも、何回もチャンピオン犬に輝いている、ワンコ。
飼い主パパさんの言うことに、絶対従う、おりこうさんなんです。
いつもノーリード…
でも、一度だけ、公園から脱走したのです!!!
「来い!」「○○!」
コマンドは、無視して、走っていきました。
その場に居合わせた私達は、唖然…
「あの子が…なんで…」
連れ戻されたわんこの首には、細~い皮のチョークが着けられていました。

どんなによい子でも、絶対は無いのですよね!

  • めいママ1031 #- - URL
  • 2009/05/31 (Sun) 22:29
めいママ1031さんへ

ご近所のワンコさんでそんなことがあったんですね。
そのダックスくん、何を追いかけて行っちゃったんでしょう???
事故なく戻って来れてよかったです。
でも、皮のチョークがついていたんですね…
悪いのは犬じゃないから、いっぱい怒られていなければよいけど…

いろいろ出来るワンちゃんほど油断しやすいかもしれないですね。
でも、「絶対」はないと思います。
(これは「絶対」にそうだと思う…あー、ややこし…v-356

だからこそ継続した練習で少しでも安心できる状態に近づようとしたり、万が一のことを考えて行動しないといけないと思っています。
自分の安全、犬の安全、周囲の安全のためにそらも…じゃないや、私がまだまだがんばらなくちゃ、です。

めいちゃん、がウラーなのですか?!
そんな風に見えないのに~ ^_^

  • そらママ #- - URL
  • 2009/06/01 (Mon) 14:14
ご無沙汰しています

そらちゃん、3歳のお誕生日おめでとうございます☆
何はともあれ、健やかに!

「犬好きが犬嫌いを作る」と言う言葉を聞いたことが有ります。犬好きの身勝手な言い分や行動が犬を嫌いにさせるという意味合いですが、悪いのは飼い主で、犬ではないんですよね。結局損をするのは犬ですよね。
私は犬バカな写真ブログをやっているせいか、ベタベタ猫かわいがりしているように思われるようで、ネット上で何かと非難されているのも知っています。でも実はけっこうドライな関係で、一日一緒に居ても、家では小夏とはほとんど接触しません。(ここで言い訳してどうする?)
子供の頃、犬は好きなのに恐くて、道の反対側に鎖で繋がれていても、そこを通ることが出来ませんでした。なので、犬が恐い気持ちも判るので、ヒトとすれ違う時は両手でリードをしっかり握ります。小夏が仔犬の頃、十メートルくらい先を
歩いていた子供が振り返って犬に驚き、転びかけたのを見てからは、離れていたって安心出来ないと思っています。
写真を撮る時も、周囲へは十分配慮しているつもりです。出来るだけ人の少ない時間に行くようにしていますし。それでも、犬嫌いな方にすれば、犬を撮るなんてバカバカしく不愉快な状況でしょう。
さまざまなシーンで犬が受け入れられるようにするには、何よりも飼い主がどうあるかに掛かっていると思います。
こうは書いていても、やはりついつい犬よりな発想になってしまい勝ちですから、気をつけないといけませんね。

  • 小夏ママ #Ptq.3me. - URL
  • 2009/06/04 (Thu) 01:20
小夏ママさんへ

こんにちは!私もすっかりごぶさたしてしまっていて…
コメントありがとうございます♪
そらもなんとか3歳。今後もこの調子で年を重ねてほしいなと思っています。
小夏ちゃんの脚はいかがですか。

> 「犬好きが犬嫌いを作る」
確かにそういうケースは多いでしょうね…(ほとんどそうかも?!)。結局、自分の首を自分で絞めてしまっていたりするのになぁ、と思うんですが、どうしてなくならないんでしょう。聞いた話では、電車の中でキャリーバッグから犬を出していたり、駅の構内を歩かせている人がいるそうですから、困ったものだなぁと思います。そのうち電車とかバスが犬禁止になりはしないかとちょっと不安です。

小夏家の写真を見ていると、あったかい気持ちになりますよ~。あの写真たちは犬と人との間に強い絆がないと撮れないものばかりだと思ってます。いろんな人がいますから、いろいろな意見があっても仕方がないですし(笑)。私からすれば、猫かわいがりの挙げ句に犬種がわからないくらいメタボな犬を連れたりしている人こそどうかと思いますけどね。

犬を飼っている以上、犬寄りな考え方になるのも仕方がないかなと思っています(苦笑)。そうでないと、お散歩すら行けなくなってしまいそうなので。
犬が苦手な人に犬を好きになってもらうのは簡単なことじゃないと思うので、最低限、怖がらなくても大丈夫なように飼い主自身が犬をコントロールできるようにしておきたいですね。

  • そらママ #- - URL
  • 2009/06/04 (Thu) 11:23

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback