Menu
動物愛護の記事をひとつ書いたタイミングで
環境省が「動物の遺棄・虐待防止ポスター」を公開したというニュースを知りました。

ポスターそのものを見かけた人もいるかもしれないですね。

せっかくなので。
(大きすぎたのでちょっと小さくしました…^-^;)

poster04_convert_20090314161608.jpg

環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室HPより


この画像だと見にくいのですが、ポスターの左下あたりに罰則について書かれています。

愛護動物を遺棄した場合は50万円以下の罰金、
愛護動物を殺傷(虐待)した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金


参考までに。
『動物の保護及び管理に関する法律』では、次のように罰則が定められています(第44条)。

愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、
 五十万円以下の罰金に処する。
愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。

「愛護動物」とは、牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる、そしてその他のものとして、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもののことを指します(全部の絵文字がなかった…残念T_T)。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback